​塾長挨拶

 創業から早7年が経とうとしています。

 私は中学生・高校生時代は落ちこぼれで、勉強が全くできませんでした。​高校では、学年216人中208位。​アルファベットも書けないまま高校生になりました。​

 高校2年生の秋、「このままではいけない」の一心で勉強を開始。英語・数学・化学・生物すべての偏差値の急上昇を実現しました。

​ 一方で、田舎の中高生に対し受験指導を行う中で、努力してもなかなか成績が伸びない生徒も多いのです。そのような生徒にはいくつかの共通点がみられ、代表例の1つは「勉強を楽しめていない」という点です。

 本来、勉強というのは、まるで積み木を積み重ねるようなパズルに似た、知的好奇心を満たす側面を持ちます。しかし学校生活のいずれかの段階でつまづき、理解することなく先へ進んでしまうと、途端に勉強は丸暗記の作業となってしまうのです。

 中学生に対する1つの判断基準として、「なんで移項すると符号が逆になるの?」「なんでマイナスかけるマイナスはプラスになるの?」と聞いてみてください。たった1カ所の理解が抜けているだけで、まず間違いなく数学の成績は伸び悩みます。

 数学は暗記だ、理解するより暗記を優先しろ、という意見もあります。たしかに、暗記することで一時的に成績を上げられる場合もあります。

 しかし、私たち大人が、未来を担う子供達にしてあげられることは何でしょうか。それは、子供達のつまづきを見つけ、本質的な理解を与えることはもちろん、先生に依存するのではなく自発的に学習を進め、自ら積み木を積み上げられるよう成長させてあげることではないでしょうか。

 学習塾は開業から2年以内に閉業する確率が非常に高い業界です。その中で、大して優秀でもない私が、大学在学中に起業したにも関わらず、開業から半年で生徒数60名、開校3年目にして生徒数120名を突破しました。そして現在も経営を続け、私よりもずっと優秀なプロ講師を何十人も雇用することができています。

 これらは、魔法のような裏技や、丸暗記の結果ではありません。知識に基づく泥臭い試行錯誤の結果なのです。

 学問に裏技はありません。正しい理解に基づき知識を組み立てていく。それこそが正しい勉強の在り方であり、その思考回路は勉強に限らず、人生全体を豊かにしてくれます。私の塾では、安直な裏技や、裏道を通って成績を上げよう、ということは言いません。本質的な理解を通し、正しい方向へ努力を継続する。その結果として、最短距離で学力を付ける場合が多いのです。

 これは人生にも通ずるところがあります。「何も分からない」「まったく見当がつかない」絶望するほど方針が立たない問題も、優先順位をつけ、論理的に積み木を組み立てることで解決できることがあるのです。未来を担う子どもたちが、いつか人生に迷ったとき、ゼロから論理的に物事を考え、正しい答えを導いていく。その力を養うことこそが数学を勉強する意義ではないでしょうか。

 当塾の指導方針に同意してくださるご家庭は、ぜひご連絡いただければ幸いです。当塾も全力で指導に当たらせていただきます。

「チャンスは誰にでもあり、チャンスを逃す自由もある。

でもチャンスを逃し続けたとして、あなたはあなたの人生に満足できるのか。」

   ​数強塾 塾長 藤原進之介

お問い合わせ:お気軽にこちらから送信ください。

プライバシーポリシー:

当塾は個人情報を厳守し、他企業に個人情報を渡すことを一切致しません。

​また、しつこい電話勧誘も一切行いません。

​なお、当塾の捉える個人情報とは、生徒氏名・保護者氏名・電話番号やメールアドレス・住所や志望校のことを指すものとし、情報の保全に努めます。

藤原 進之介

​無料体験授業

入塾相談

空き状況確認

オンライン授業の受講方法が
分からない、初めてで不安である、
という方も、気軽にご連絡ください。

「なぜ数学を学ぶのか」

中学生|数学|塾|授業|面白い
◆数強塾の万全の指導システム
・マンツーマン指導
・集団指導
・勉強内容指導

藤原進之介|数学専門塾|オンライン|中学生・高校生専門

  • ふじわら塾長YouTubeチャンネル
  • Twitter Social Icon

© 2020 数強塾 日本 all right reserved