top of page

エラー改善の戦略★3つのポイント

こんにちは!数強塾の事務担当、篠崎です。

私は中学生の頃に、数学がとても苦手でした。でも、数強塾の代表の藤原先生と同じように、高校生の頃に必死に勉強して、難関の国公立大学の京都大学理学部に逆転合格したんです!

そんな私は、ケアレスミスをたくさんしてしまう中学生でした。ケアレスミスさえなければ、定期テストの数学のテストがあと20点高かったのに…みたいなことも、たくさんありました。

誰しもがテストで失敗したくないと願いますが、しばしば「あの一問さえ...」と後悔の念に駆られます。問題の初めの段階での失敗は特に痛恨のものです。重要な試験でのミスは、避けるべきです。実は、私自身もかつては注意力不足で数々のミスを犯していました。満点を逃したことが何度もあり、「あのミスさえなければ」と後悔したものです。そこで今回は、試験でのミスを効果的に減らす方法を3つご紹介します。

目次

- エラー改善の戦略その①

- エラー改善の戦略その②

- エラー改善の戦略その③

- まとめ

エラー改善の戦略その①

言葉の意味を考えながら書く

文章を書く際には、ただ早く書くことだけに集中するのではなく、言葉の意味をしっかりと考慮することが大切です。速さを追求するあまり、内容が不正確になることがあります。文章を書く際は、自分自身のためにも、意味を考えながら丁寧に書くことを心がけましょう。

エラー改善の戦略その②

自分の典型的なミスを把握する

ミスには様々なタイプがあります。例えば、選択肢を間違える、計算ミス、書き写しの誤り、誤った用語を使用するなどです。自分がどのタイプのミスを犯しやすいかを知ることが、それを避けるための第一歩です。ミスを犯すたびに、そのミスがどのようなものであったか、その原因を分析し、対策を立てていくことが重要です。計算ミスが多い場合は、計算手順を丁寧に記録することが有効です。等号を縦に揃えて書くと、計算ミスを減らすのに役立ちます。

エラー改善の戦略その③

ミスを甘く見ない

ミスを甘く見ることは、成長の妨げになります。ミスをした際には、それを軽視せず、一つ一つを真剣に受け止め、反省することが必要です。ミスを厳しく捉えることで、次への改善につながり、良い結果を得ることができます。

まとめ

以上、試験でのミスを減らすための戦略をお伝えしました。

これらの戦略を実践することで、より良い成績を目指していただければと思います!

数強塾は、藤原進之介代表のもと、数学だけでなく国語や英語も含め、教育の質を高めるためにトップレベルの講師を揃えています。何かお手伝いできることがあれば、以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。[数強塾への連絡先](https://www.hokushinken.com)

これからも皆さんの学びに役立つ内容を提供していきますので、どうぞご期待ください。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page